ホテルにあるベッドの種類と区別の仕方

ホテルに設置されているベッドの種類、きちんと理解していますでしょうか?シングルは誰でも理解できると思いますが、ダブルやツイン、セミダブルと種類は1つだけではありません。

簡単に説明していくと、まずセミダブルとは「やや大きめ」のベッドが1台置いてあるだけです。ダブルという名称が付いているため、2つ置いてあるのかと勘違いしてしまいますよね?またキングサイズと比べれば、その大きさも明らかに小さいため、2人で使う時には注意しましょう。

そしてダブルと表記されているものも、ベッドの数は1台になります。セミダブルよりも大きいといった特徴が挙げられますが、セミダブル同様にキングサイズよりも面積は小さいです。ただし2人で寝る分には全く問題ないと言えます。

次にツインですが、これはベッドが2台です。1台当たりの大きさはセミダブルよりも小さく、シングルと同じものが2台置いてあると理解すれば良いでしょう。

日本ではあまり見かけることはありませんが、キングサイズになると大人の女性が3人寝ても十分に使えます。海外ではダブルが日本のキングサイズと同程度の大きさとなる場合もありますので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

可能性は低いでしょうが、ホテルによって種類と実際の大きさが微妙に異なるケースも考えられます。大人2人だから問題ない!と勝手に決め付けていると、小さかったと後悔するかもしれません。面積などの表記が掲載されていない場合は、できるだけ問い合わせておいた方が良いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>